このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40186
本文ファイル
別タイトル
A giant trematode Hirudinella sp. in Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis, cultured in Japan
著者
キーワード
海水養殖
魚類寄生虫
吸虫類
クロマグロ
Hirudinella sp.
fish parasite
mariculture
Pacific bluefin tuna
Thunnus orientalis
trematode
NDC
動物学
抄録
大分県沿岸の豊後水道で養殖されていたクロマグロThunnus orientalis 1尾の腹腔に,生時の体色が薄小豆色で全長が34mmにも達する大型吸虫1個体が寄生していた。この吸虫は,その形態的特徴からヒルディネラ属の1種Hirudinella sp.に同定された。ヒルディネラ属吸虫類のクロマグロへの寄生は本報告が最初である。寄生魚の外観に異常はみられなかったが,寄生虫周辺の内臓の表面は黒色液で被われていた。クロマグロは養殖される前に,この寄生虫の感染を海洋で受けた可能性が高い。
抄録(英)
A trematode identified macroscopically as Hirudinella sp. was found free in the body cavity of a young individual (197 mm standard length) of Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis (Temminck and Schlegel, 1844), cultured in coastal waters of the Bungo Strait (western North Pacific Ocean) off Oita Prefecture, Kyushu, western Japan. When found, the trematode was pale purple in color and as big as 34 mm long. This finding represents the first record of Hirudinella sp. from T. orientalis. The infected fish showed no external disease sign, but part of the surface of its visceral organs around the trematode was black-colored. The fish probably had become infected by the trematode in the ocean before it was farmed.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
54巻
開始ページ
81
終了ページ
87
出版年月日
2015-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧