このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28639
本文ファイル
別タイトル
The Living in Kyoto Life of Shinto Priests during the Late Edo Period
著者
鈴木 理恵
キーワード
travel
Shinto priest
Yoshida Family
Kokugaku Scholars
sightseeing
神職
吉田家
国学者
名所
NDC
日本史
抄録(英)
The Shinto priests in Edo period had to receive the position recognition in Kyoto. They went to Kyoto, and stayed in Kyoto for several months from several days. They mutually exchanged information in Kyoto. Moreover, they came in contact with the court noble culture, and associated with Kokugaku Scholars. These experiences had improved their consideration. They contributed to the rise of regional Shintoism after it had returned home.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域
58号
開始ページ
17
終了ページ
26
出版年月日
2009-12-25
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5562
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧