このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18511
本文ファイル
別タイトル
A study of the historical development of der Gruppenunterricht in Germany after World War II
著者
吉田 茂孝
キーワード
解放的教育学
グループ・ダイナミックス
グループ授業
emanzipatorische Erziehung
Gruppendynamik
Gruppenunterricht
NDC
教育
抄録(英)
The purpose of this research is to clarify historical development of der Gruppenunterricht in Germany after World War II. Der Gruppenunterricht mentioned in this research is a lesson conducted in small groups within the class. In this research, the history of der Gruppenunterricht is divided into three periods as below : 1. Democratization and der Gruppenunterricht (1950s to 1960s) 2. Emanzipatorische Erziehung and der Gruppenunterricht (late 1960s to 1980s) 3. The German unification and der Gruppenunterricht (after the 1990s)
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域
53号
開始ページ
125
終了ページ
132
出版年月日
2005-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1346-5562
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧