このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 22773
本文ファイル
別タイトル
A Study of the Compilation in Chuto Kokubun (1943) : Through the analysis of "Morishita's Diary"
著者
キーワード
Jiro Morishita
Minoru Nishio
Chuto Kokubun
Japanese textbook for middle school
in wartime
森下二郎
西尾実
中等国文
中等国語教科書
戦時下
NDC
教育
抄録(英)
The reality of the middle school Japanese textbooks Chuto Kokubun has not been made clear even today. Jiro Morishita is the best friend of Minoru Nishio. Nishio recommended Morishita the compiler of Chuto Kokubun. Morishita worked hard.He writed a diary during the days. It is "Morishita's Diary". In this diary, he wrote the process of Chuto Kokubun. This diary is the most important material of the Japanese textbooks.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
56号
開始ページ
111
終了ページ
120
出版年月日
2007-12-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5554
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧