このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19438
本文ファイル
別タイトル
Image of Long-life Learning and Psychological Factors of its Practice in Students of University of Air
著者
馬越 英美子
三宅 幹子
松田 文子
キーワード
生涯学習
大学
心理的要因
家庭
NDC
心理学
抄録
生涯学習の中にも様々な種類があり,種類によってその実施のしやすさや実施に必要な要因なども異なるだろう.馬越・松田(印刷中)では,主婦を対象に,大学(院),市民講座.カルチャースクール.サークルの4種類の生涯学習をとりあげ,各々のイメージを調べた. さらにどの活動を実施しているか,あるいは何も実施していないかによって主婦を群分けし,群ごとに家庭内の心理的要因を検討した.大学(院)に対して主婦が抱いていたイメージは,他の生涯学習活動とは異なっていたが,馬越・松田の調査では,大学(院)の参加者は少数であり,分析対象とならなかった.そこで,本研究では放送大学の授業受講者を対象に調査を行った.その結果,市民講座,カルチャースクール,サークルが娯楽の要素の強い趣味的な活動であるのに対し,大学(院)は目的のはっきりした生涯学習活動であることが示唆された.放送大学の学生になるには,家族の協力を必要とし,本人が主婦の場合は夫の協力が大きな要因であることが分かった.
掲載誌名
広島大学心理学研究
2号
開始ページ
131
終了ページ
139
出版年月日
2003-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧