このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39465
本文ファイル
別タイトル
Longitudinal study of the effect of anger regulation on undergraduates' intimacy with a best friend
著者
久間 絵理香
蔵永 瞳
キーワード
anger regulation tactics
intimacy
friendship
NDC
心理学
抄録(英)
The effects of anger regulation tactics (Yoshida & Takai, 2008) on the level of intimacy with a close friend were investigated. First- and second-year university students were asked to indicate the frequency of experiencing anger towards their closest friend in the university, the frequency of using five anger regulation tactics, and how intimate they felt with the friend. They responded to the same questionnaire 1 month later. Results of a hierarchical regression analysis indicated no significant effects of anger regulation tactics on the level of intimacy. These negative findings may indicate the need for a shorter-term longitudinal study to identify the effects of anger regulation tactics on short-term friendships in university students.
内容記述
本研究は,第一著者が平成25年度に広島大学教育学部に提出した卒業論文を加筆修正したものである。
本研究の一部は, 2014年に開催された中国四国心理学会第70回大会で発表された。
調査にあたってご助言・ご協力いただきました総合研究大学院大学横田晋大先生に深〈感謝いたします。
掲載誌名
広島大学心理学研究
15号
開始ページ
61
終了ページ
71
出版年月日
2016-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧