このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40477
本文ファイル
別タイトル
Relationship between Conformity Behavior and Communication Style: Analysis of Assertive Behavior in Junior High School Students
著者
NDC
教育
抄録
本研究では,仲間への同調のしやすさと,日常的なコミュニケーション傾向にどのような関連があるかを検討した。中学1・2年生の生徒159名を対象に,内面的同調と表面的同調のしやすさを,質問紙によって測定した。また,場面想定法を用い,学校生活で起こりやすい一対一でのコミュニケーション場面において,普段どのような言動をとっているかを記述させる質問紙調査を実施した。その結果,自分の考えや意見を言うことに消極的な非主張型の生徒は,強い自己主張をする攻撃型の生徒に比べ,同調しやすいことがわかった。また,性別による違いもみられた。特に女子において,非主張型の生徒は,攻撃型の生徒や,アサーティブな主張ができる生徒より,表面的な同調行動が多い傾向があった。このような生徒は,友人に配慮しようとし,自分の主張を抑制していると考えられる。
抄録(英)
This study investigated the relationships between conformity behavior and daily communication style. In total, 159 junior high school students participated in the investigation. Their internal conformity tendencies and external conformity tendency were measured by a conformity behavior scale. We examined participants’ communication styles using hypothetical situations. Participants were presented with three daily communication situations and asked what they would usually say. The results showed that students with a non-assertive communication style were more likely to conform to others than those who have an aggressive communication style. Especially, non-assertive female students tend to conform externally more than aggressive or assertive female students. This type of student might inhibit self-assertion to concern their friends.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
44号
開始ページ
169
終了ページ
176
出版年月日
2016-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧