このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42614
本文ファイル
別タイトル
携帯端末を用いた語学教育発展の経緯と今後の展望
著者
Selwood, Jaime 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
本稿では,モバイルラーニングの発展を概観し,語学学習におけるその可能性について考察する。特に,携帯端末の急速な普及と携帯端末を用いたインターネットの利便性の向上によって,語学学習者にとってだけでなく,語学の教員や教育機関にとっても理想的な語学学習環境を利用することが可能となった経緯に焦点を当てる。また,スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を用いたモバイルラーニングが,従来の語学学習環境に偏在する様々な制約や問題の解決法となることを指摘し,3つの事案を挙げて語学教育におけるモバイルラーニング活用の利点について述べる。
抄録(英)
This paper will first provide an introduction and insight into the development of mobile learning. Emphasis will be placed on how the rapid expansion in ownership of mobile devices and the growth in the Mobile Internet have created an ideal opportunity for language learners, instructors, and institutions to embrace mobile technology. Mobile learning, particularly using devices such as smartphones and tablets, can offer assistance in breaking down these tightly controlled language-learning environments and help learners and instructors to move away from traditional settings and attitudes toward language acquisition by individualising the learning process. Finally, the paper will project into the near future and present three scenarios that indicate how mobile learning can continue to provide potential solutions to challenges that have faced more traditional-based language-learning programmes.
掲載誌名
広島外国語教育研究
20号
開始ページ
65
終了ページ
78
出版年月日
2017-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧