このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30300
本文ファイル
別タイトル
Force and Reason in the Educational Thought of Philanthropinism : Focused on Basedow's "Elemeotarwerk"
著者
キーワード
philanthropinism
force
Elementarwerk
汎愛派
暴力
基礎教科書
NDC
教育
抄録(英)
The purpose of this paper is to analyze Basedow's textbook "Elementarwerk" from two points of view: on one hand, how Basedow has explaned the force in the world and human; on the other hand, how the force was in his discription for this aim. As a modem pedagogical thought, Basedow could'nt save his work from the force in the modern social system, and this fact is obviously recognized through the difference of meaning between his text und the figures.
掲載誌名
学習開発学研究
2号
開始ページ
111
終了ページ
119
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
ISSN
1883-8200
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧