このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45238
本文ファイル
別タイトル
Decrease in Animal Population Sizes in the Bago Mountains, Myanmar
著者
小林 美月
山田 俊弘 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
三浦 麻由子
奥田 敏統 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
Hlaing, Ei Ei
Khing, Kyi Kyi
NDC
動物学
抄録(英)
Myanmar is located at the transition zone between the Continental Southeast Asian and Sino-Japanese regions. This plant geographical transition produces unique and diverse species assemblages. However, in recent years, the biodiversity in the region has been rapidly decreasing as a result of deforestation and forest degradation, while, reports on the fauna and flora in Myanmar are still lacking. This study aims to examine the change in animal population sizes around a rural village in the Bago Mountains, central Myanmar. We collected data on the change in animal population sizes over the last 10 years (2006-2016) by an interview survey for two hunters. In addition, we set camera traps in forests around the village. Hunters hunted 23 animal species and camera traps took pictures of five species. Populations of large animals tended to decrease more rapidly than those of small animals. Only the population size of Rattus tanezumi, the smallest animal of the 23 species, increased during the 10-year period. Human activity, in the form of deforestation and forest degradation, may be one of the primary causes of the loss of biodiversity and animals in the Bago Mountains.
内容記述
本研究は環境省地球環境研究総合推進費「途上国での生物多様性と地域社会の相乗便益を目指したセーフガード策定に関する研究(平成26 ~ 28年度、課題番号4-1404」、課題代表者 奥田敏統)の一環としてミャンマー国内で実施した。
掲載誌名
広島大学大学院総合科学研究科紀要. II, 環境科学研究
12巻
開始ページ
1
終了ページ
10
出版年月日
2017-12-31
出版者
広島大学大学院総合科学研究科
ISSN
1881-7696
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
掲載された論文,研究ノートなどの出版権・著作権は広島大学大学院総合科学研究科に帰属する。
Copyright (c) 2017 Graduate School of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University, All rights reserved.
部局名
総合科学研究科
他の一覧