このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47505
本文ファイル
別タイトル
An improved and simple experimental technique for modeling thermal convection in science class using frozen starch syrup and localized heating
著者
山崎 博史 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
藤井 潤
兼重 堅志郎
妹尾 息吹
吉冨 健一 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
model experiment
thermal convection
science class
frozen syrup
localized heating
抄録(英)
Plate tectonics is one of the most important and basic concepts required for understanding volcanic activity, seismicity, and various geological phenomena occurring within the framework of the rock cycle. Mantle convection, which refers to the thermal convection in the mantle, is the driving force for plate tectonics. Therefore, a heat convection modeling experiment was proposed for secondary school-level science students so that they can visualize and comprehend mantle convection. In this article, to improve operability and repeatability, we proposed a technique for conducting a simple experiment to model thermal convection using frozen starch syrup and localized heating; the use of starch syrup was suggested in a previous study.
内容記述
本研究の一部はJSPS科研費26350235,16K00966,17H00820の助成を受けて行われた。
掲載誌名
学校教育実践学研究
25巻
開始ページ
45
終了ページ
50
出版年月日
2019-03-20
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属教育実践総合センター
ISSN
1341-111X
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧