このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30098
本文ファイル
別タイトル
Factors Influencing Physical Work Capacity in Individuals with Spinal Cord Injury
著者
村木 里志
江原 喜人
NDC
医学
抄録
本研究は脊髄損傷(脊損)者の全身持久能力に影響を及ぼす主要な要因を決定することを目的とした. 被験者は脊損者男子38名(C6~L5)であった. 全身持久能力の指標には, 腕エルゴメーターを用いた最大下運動負荷テストによる心拍数150拍/分当たりの酸素摂取量(PWC150:m1・kg-1・min-1)を用いた. 林の数量化I類を用い, 年齢, 身体活動, 喫煙, 職業の有無, 脊損部位および受傷期間の6つの要因とPWC150との関係について分析した. 数量化解析の結果, PWC150への影響の大きさの指標となる偏相関係数は, 脊損部位(0.664), 身体活動状況(0.610), 受傷期間(0.510), 年齢(0.450), 喫煙状況(0.318)および職業の有無(0.191)の順に大きかった. また, 6つの要因によるPWC150の予測値と観測値との間の重相関係数は0.771と高い値を示した. 以上のことから, 脊損者の全身持久能力は脊損部位および身体活動に最も強く影響されることが示された.
抄録(英)
The purpose of the present study was to determine the main factors that influence physical work capacity (PWC) in individuals with spinal cord injury (ISCI) using multivariate analysis. Thirty-eight male ISCI (C6 - L5) performed a submaximal arm exercise test on an arm cranking ergometer to estimate their oxygen uptake (ml • kg-1 • min-1) at a heart rate of 150 beats • min-1 (PWC150) as index of PWC. Hayashi's Quantification I was applied to analyze the effects of 6 factors including age, physical activity, smoking, occupation, the level of spinal cord injury (SCI), and period since SCI on PWC 150. This analysis revealed high partial correlation coefficients between PWC150 and the level of SCI (0.664) as well as the physical activity level (0.610) compared to other factors; period since SCI (0.510), age (0.450), smoking (0.318), and occupation (0.191). These results showed that the level of SCI and physical activity were the most important factors in determining PWC in male ISCI.
掲載誌名
デサントスポーツ科学
20巻
開始ページ
211
終了ページ
216
出版年月日
1999-06-10
出版者
石本記念デサントスポーツ科学振興財団
ISSN
0285-5739
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
総合科学研究科