このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30097
本文ファイル
別タイトル
Effect of Wheelchair Sports Participation on Skinfold Thickness of Middle-aged and Elderly Persons with Spinal Cord Injury
著者
江原 喜人
村木 里志
NDC
医学
抄録
本研究の目的は脊髄損傷者の皮下脂肪厚に及ぼすスポーツ活動の影響を明らかにすることである. 被験者は車椅子スポーツを定期的に行っているマラソン群5名, テニス群4名およびバスケットボール群5名であり, 運動をまったく行わない非運動群(5名)との比較を行った. 皮下脂肪厚の測定はBモード超音波皮脂厚計を用い, 全身28ヵ所を測定した. 上肢および体幹上部では, 各スポーツ群は非運動群より皮下脂肪厚が厚い傾向を示した. 皮下脂肪分布パターンの特徴により被験者をグルーピングするためにクラスター分析を適用すると, テニス群およびバスケットボール群はそれぞれまとめられなかった. 一方, 非運動群とマラソン群は明確にグルーピングすることができた. この両群を比較すると, マラソン群の体幹上部の皮下脂肪厚が厚く, 皮下脂肪厚が薄いという健常者マラソン選手の特徴は車椅子マラソン選手では見いだせなかった.
抄録(英)
The purpose of this study was to investigate the effects of sports participation on skinfold thicknesses in middle-aged and elderly persons with spinal cord injury. The subjects were nineteen paraplegics, including five non-athletes and fourteen athletes who participated in wheelchair sports regularly (marathon, tennis and basketball). Skinfold thicknesses at 28 sites were measured with B-mode ultrasonic wave echo assessment. Skinfold thicknesses at sites of upper limbs and upper trunk were a little greater in the athlete groups than the non-athlete group. In order to classify the subjects according to the distribution of fat deposits, a cluster analysis was applied to the data. This analysis revealed that the subjects could be classified into two clusters (a marathon cluster and a non-athlete cluster) and others. When compared with the non- athlete cluster, the marathon cluster showed greater skinfold thicknesses at sites of upper body in disagreement with the data of able-bodied marathon runners.
掲載誌名
デサントスポーツ科学
17巻
開始ページ
182
終了ページ
189
出版年月日
1996-06-14
出版者
石本記念デサントスポーツ科学振興財団
ISSN
0285-5739
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
総合科学研究科