このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30187
本文ファイル
別タイトル
Long-term Changes in Water Quality in and Upstream/Downstream of Reservoirs Constructed on the Ohta River and the Yahata River, Hiroshima
著者
大久保 文恵
伊達 悦二
キーワード
栄養塩
太田川
長期変動
貯水池
八幡川
long-term change
nutrient
Ohta River
reservoir
Yahata River
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録
広島湾に注ぐ太田川と八幡川において, それぞれの河川に設けられた4つの貯水池(魚切貯水池, 樽床貯水池, 立岩貯水池, 王泊貯水池)の前後および貯水池内上下層における約20年間の水質データを集計して統計処理し, それらの長期的変動を明らかにした。すべての貯水池で共通した現象として, 貯水池のTN/TP が経年的に上昇する傾向が見受けられた。魚切貯水池では貯水池前後のデータが揃い, 貯水池で窒素・リンともトラップされ, 下流で再び人間活動によって添加されていることが理解された。貯水池でトラップされる溶存態無機窒素(DIN)と溶存態無機リン(DIP)の量を平均河川水流量とそれらの貯水池前後での平均濃度差から計算したところ, DINで6.9tNy-1, DIPで0.63tPy-1となった。仮に同様のことが太田川水系に設置された15の貯水池で起こっていると仮定すると, 広島湾に本来流入するはずだったDINとDIPをそれぞれ約30%および35%をこれらの貯水池がトラップしていると見積もられる。
抄録(英)
Long-term changes in water quality in and upstream/downstream of four reservoirs (Uokiri, Tarutoko, Tateiwa and Ohdomari reservoirs) were statistically investigated using an approximately 20 years monitoring data. Increasing trend of TN/TP in the reservoir water was commonly found in the four reservoirs. At Uokiri Reservoir where complete data set was available, it was clear that both nitrogen and phosphorus were significantly trapped in the reservoir. Furthermore, addition of nitrogen and phosphorus in the downstream due to human activity was also obvious. The amounts of trapped dissolved inorganic nitrogen (DIN) and phosphorus (DIP) at the Uokiri Reservoir were estimated to be 6.9 tNy-1 and 0.63 tPy-1. Assuming the same trapping mechanism is working at 15 reservoirs on the Ohta River, it is estimated that 30 % of DIN and 35 % of DIP which should be loaded to the estuary could be reduced by their trapping mechanisms.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
46巻
開始ページ
43
終了ページ
57
出版年月日
2007-12-20
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧