このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30178
本文ファイル
別タイトル
Effects of grain size of substrate on the growth of a benthic microalgae Nitzschia sp.
著者
鈴木 雅巳
キーワード
ガラスビーズ
基質サイズ
珪藻
底生微細藻類
benthic microalgae
diatom
glass beads
size of substrate
NDC
動物学
抄録
規格品のガラスビーズを用いて底生付着珪藻Nitzschia sp.の増殖に対する付着基質のサイズの影響を実験的に調べた。Nitzschia sp.の増殖はガラスビーズを添加した方が良く, 最も粒径の小さいガラスビーズ(平均直径=0.115mm)で最高の比増殖速度0.39day-1が得られ, 最大収量2.2×105cells ml-1が得られた。一方, 最も粒径の大きいガラスビーズ(平均直径=1.244mm)では比増殖速度は最も低く(0.23day-1), ガラスビーズを加えなかった対照区の比増殖速度(0.25day-1)とほとんど差は無かった。本研究で得られた結果は, 粒径の小さいガラスビーズがNitzschia sp.の付着基質として適しているということだけではなく, 付着基質のサイズが底生微細藻類の増殖に対する重要な環境因子であるということを示唆している。
抄録(英)
Effects of grain size of substrate on the growth of a benthic microalgae Nitzschia sp. (diatoms) were experimentally investigated with commercial glass beads. The growth of Nitzschia sp. was enhanced with addition of glass beads, with the highest growth rate of 0.39 day-1 and the maximum estimated yield of 2.2×105 cells ml-1 at the smallest glass beads (mean diameter=0.115 mm). On the other hand, with the largest glass beads (mean diameter=1.244 mm), the growth rate was lowest (0.23 day-1), which was not significantly different from the blank experiment with no glass beads (0.25 day-1). The results in the present study indicate that not only the small glass beads are suitable for the growth of Nitzschia sp. but also the size of substrate is an important environmental factor for the growth of benthic microalgae.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
44巻
開始ページ
31
終了ページ
38
出版年月日
2005-11-22
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧