このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30177
本文ファイル
別タイトル
Comparison of bottles and their washing treatments for iron contamination
著者
大澤 京子
平田 静子
キーワード
ポリエチレン瓶
コンタミネーション(汚染)
contamination
iron
polyethylene bottle
NDC
化学
抄録
ナルゲン社製ポリ瓶(以下ナルゲン瓶)とサンプラテック社製クリーンパックポリ瓶(以下サンプラテック・クリーン瓶)を使用し, これらのポリ瓶およびそれらの洗浄方法(Milli-Q水, 10%硝酸+Milli-Q水)の違いによる鉄のコンタミネーションレベルを調べた。これらのボトルにMilli-Q水を入れ, -20℃で13日間保存した。これらについて, 化学発光法でFe(II)を測定した結果, ナルゲン瓶で硝酸洗浄後Milli-Q水洗浄したものが, 最も鉄のコンタミネ-ションが低かった(0.001±0.001μM, n=3)。一方, サンプラテック・クリーン瓶は洗浄後パックされて出荷されており, これらはそのまま使用した方が汚染レベルは低かった。
抄録(英)
Contamination of iron was examined for different types of polyethylene bottles (Nalgene bottles and Sanplatec Clean bottles) and their washing treatments (Milli-Q and 10% nitric acid). Milli-Q water which was contained in these bottles and frozen at -20℃ for 13 days was analyzed by chemiluminescence method. The contamination level of Fe (II) was the most lowest in Nalgen bottles washed with 10% nitric acid and Milli-Q water. On the other hand, for Sanplatec Clean bottles, the contamination level of Fe (II) was lower in no treatments (just unpacked for use) than those washed with nitric acid.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
44巻
開始ページ
25
終了ページ
29
出版年月日
2005-11-22
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧