このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28565
本文ファイル
別タイトル
Application of Monitoring Data to Material Circulation Studies in Coastal Seas
著者
キーワード
モニタリング
沿岸
物質循環
monitoring
coastal seas
material circulation
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録
国から地方への税源移譲により, これまで継続されてきた沿岸海域のモニタリングの見直しが迫られている. 本稿では, これまでの沿岸海域のモニタリングについて概観し, 沿岸海域の物質循環研究におけるモニタリング・データの有効利用の例を示した上で, 今後のモニタリング事業のあり方について私論を述べた. 地方財政が厳しい中で, 従来のモニタリング事業の継続は困難であり, 合日的性および費用対効果の面も含めて, 測定項目や測定の時空間頻度などの見直しを行うべきである.
抄録(英)
Part of tax sources was transferred from the central government to local governments in Japan. This may directly affect on the style of monitoring conducted in the coastal seas. In this report, personal views on the future way of monitoring in the coastal seas are proposed after reviewing the present way of the monitoring. Particularly, stress was made on reconsideration of measured items and spatio-temporal sampling intervals to fit to scales of phenomena in terms of both purposiveness and cost-effectiveness considering financial diffi-culties of local governments.
掲載誌名
海と空
84巻
1号
開始ページ
43
終了ページ
51
出版年月日
2008-06
出版者
海洋気象学会
ISSN
0503-1567
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 Author
部局名
生物圏科学研究科