このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24676
本文ファイル
Thumnail 50-1008.pdf 544 KB
別タイトル
Phosphate Uptake and Growth Kinetics of Skeletonema costatum isolated from Hiroshima Bay
著者
樽谷 賢治
キーワード
スケレトネマ
増殖動力学
取り込み動力学
広島湾
リン酸塩
growth kinetics
Hiroshima Bay
phosphate
Skeletonema costatum
uptake kinetics
NDC
水産業
抄録
広島湾より分離したSkeletonema cestatumのリン酸塩取り込みと増殖に関する動力学的解析を行った。リン枯渇細胞を用いて解析したリン酸塩取り込みの半飽和定数は0.68μM、最大取り込み速度は38.4fmol cell-1 h-1、最大比取り込み速度は11.6h-1であった。また、半連続培獲を用いて測定したところ、最小細胞内リン含量は2.80fmol cell-1、最大比増殖率は1.25d-1が得られた。以上の結果から、S. costatumは低濃度のリン条件下で他種よりも有利に増殖することが可能であるが、広島湾表層海水中のリン酸塩濃度においては、本種でさえも、その増殖をリンによって制限されているものと推察された。
抄録(英)
Phosphate uptake and growth kinetics were investigated in a diatom Skeletonema costatum isolated from Hiroshima Bay. Phosphate uptake kinetic parameters, i.e. half saturation constant, maximum uptake rate and maximum specific uptake rate, examined using phosphorus-starved cells were 0.68 μM, 38.4 fmol cell-1 h-1 and 11.6 h-1, respectively. Growth kinetic parameters, i.e. minimum cell quota for phosphorus and maximum specific growth rate, examined by semi-continuous culture method were 2.80 fmol cell-1 and 1.25 d-1, respectively. These results show that, even S. costatum, the growth might be limited by the low phosphorus concentration in the surface seawater of Hiroshima Bay, although S. costatum has an advantage in growth under phosphorus-limited conditions compared to other phytoplankton species.
掲載誌名
生物生産学研究
33巻
1号
開始ページ
59
終了ページ
64
出版年月日
1994-06
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧