このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24672
本文ファイル
Thumnail 50-1004.pdf 722 KB
別タイトル
Variation of Nitrogenous Compounds in the Mass-Production Ponds of Swimming Crab Portunus trituberculatus Larvae with Particular Reference to the Survival Rate
著者
楊 琇瑩
可部田 靖士
松田 治
キーワード
アンモニア
ガザミ
生残率
窒素化合物
幼生
ammonia
larvae
nitrogenous compound
survival rate
swimming crab
NDC
水産業
抄録
1991年のガザミ種苗生産期に、広島県栽培漁業協会において3種の異なる飼育水、すなわち緑藻主体のグリーンウオーター(G)、珪藻主体のブラウンウオーター(B)およびその混合水(B+G)、を用いた3つの池における形態別窒素化合物(アンモニア態窒素、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素、粒状態有機窒素)の変動を調査し、この結果と種苗生産期間中のガザミ幼生の生残率との関係について検討した。植物プランクトン濃度と各態窒素化合物濃度、特に害性があるアンモニア態窒素濃度はG池で最も高く(1.95~79.67μg atN・ℓ-1)、B池では最も低かった(0.65~16.36μg atN・ℓ-1)。1989-1991年の3年間の生産成績記録では生残率がG池で高かったことはなく、逆にB池では生残率が極端に低かったことはなかった。G池では緑藻ナンノクロロプシスの増殖が著しく、それらの沈降フラックスも著しく大きかった。従って、大量の沈積物が分解して池水中のアンモニアの供給源となるため、G池ではガザミ種苗の生残率すなわち生産成績が一般に低下しているものと考えられた。
抄録(英)
Measurements of nitrogenous compounds of various forms (NH4-N, NO2-N, NO3-N and PON) were carried out in three different pond waters, i. e., green water (G) composed of green algae (mainly Nannochloropsis sp.), brown water (B) composed of natural diatom assemblage, and B+G water the mixture of them, during the rearing period of swimming crab Portunus trituberculatus larvae in 1991 at Hiroshima Prefecture Fish Farming Center. These results were investigeted in comparison with the survival rate of the larvae. Among three waters, the highest concentrations of the nitrogenous compounds and chlorophyll a were observed in Pond G and the lowest in Pond B. Sediment trap experiment made clear that the maximum downward flux of PON and chlorophyll a occurred in Pond G and the minimum in Pond B. The survival rate of crab larvae was generally higher in Pond B than Pond G in 1989-1991. The reason of the low survival rate in Green Water is supposed to be due to the higher concentration of NH4-N resulted from the excessive growth and the decomposition of green algae.
掲載誌名
生物生産学研究
33巻
1号
開始ページ
29
終了ページ
35
出版年月日
1994-06
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧