このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24661
本文ファイル
Thumnail 50-0522.pdf 800 KB
別タイトル
Degradation Processes of Phytoplankton in a Eutrophic Bay with Particular Reference to the Chlorophyll a Pigment Composition of Suspended and Sinking Particles.
著者
佐光 宏昭
松田 治
キーワード
江田内湾
クロロフィルa
懸濁粒子
高速液体クロマトグラフィー
沈降粒子
chlorophyll a
Etauchi Bay
high-performance liquid-chromatography
sinking particle
suspended particle
NDC
水産業
抄録
広島湾内にある閉鎖的内湾である江田内湾において、海水中懸濁粒子、沈降粒子および底泥表層を採取し、その光合成色素組成を比較した。クロロフィルa類色素は高速液体クロマトグラフィーを用いてchl.a, chl.aアイソマー、およびフェオ色素に分類した。その結果chl.aの占める割合は沈降粒子に比べて懸濁粒子で高かった。しかし懸濁粒子、沈降粒子ともにchl.aの分解産物であるフェオ色素の占める割合は30%以下と低く、chl.aの分解はあまり進んでいなかった。一方で底泥表層ではchl.aの占める割合は数%と低く、分解が進んでいた。以上のことから江田内湾でのchl.aの分解過程は外洋などと違って、動物プランクトンの摂餌・消化によるものより、植物プランクトンの自然死滅によるものが主であると考えられた。chl.aの分解は水中ではほとんど進まず、底泥表層に堆積してから進むものと考えられた。
抄録(英)
Physiological condition of phytoplankton can be estimated from both quantitative and qualitative analyses of photosynthetic pigments. In this study, the process of chlorophyll a degradation in an enclosed eutrophic bay were investigated using high-performance liquid chromatography (HPLC). Chlorophyll a and its derivatives were classified into chi. a, chl. a isomers (chi. a'-1, 2, 3) and pheopigments by the use of reverse-phased HPLC. Resulted pigment compositions were compared between suspended particles, sinking particles and surface sediment in Etauchi Bay. Chl. a was more abundant in suspended particles than in sinking particles, while pheopigments in both particles accounted for only less than 30%. Since it was reported that 66% of chl. a was degraded by grazing of zooplankton, these results indicate that grazing and digestion by zooplankton are not the major process of degradation. Different from open sea, the major degradation process of chl. a in the eutrophic coastal area was concluded to be the natural death of phytoplankton. Because of the shallowness of the area, final stage of the degradation is supposed to occur after sedimentation.
掲載誌名
生物生産学研究
32巻
2号
開始ページ
79
終了ページ
86
出版年月日
1993-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧