このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24652
本文ファイル
Thumnail 50-0513.pdf 487 KB
別タイトル
Constant Uptake of Ammonium-N and Nitrate-N by Porphyra yezoensis Thalli.
著者
キーワード
アンモニア
硝酸
スサビノリ
ノリ
無機窒素
ammonia
inorganic nitrogen
laver
nitrate
Porphyra yezoensis
NDC
水産業
抄録
安定同位体15Nを用いてスサビノリ葉体によるアンモニア態および硝酸態窒素の取り込み速度の時間的変化を調べた。両態窒素の取り込み速度は時間に依存せず一定で、外洋性の植物プランクトンで知られている「急速取り込み」は見られなかった。比取り込み速度はアンモニア態窒素が0.0017・h-1、硝酸態窒素が0.0002・h-1であり、前者が8倍以上速く取り込まれることが示された。従って、ノリ養殖場における施肥には窒素源としてアンモニア態窒素を主体とした肥料が適していると言える。また、長期間にわたって作用し、植物プランクトンによる赤潮を誘発しない施肥の方法が望ましいことが示唆された。
抄録(英)
Time changes in uptake rates of ammonium-N and nitrate-N by Porphyra yezoensis thalli were determined using stable isotope 15N. The uptake rates of both nitrogen forms were constant. The "rapid or surge uptake" which is reported for pelagic phytoplankton, was not observed in P. yezoensis. Specific uptake rates were 0.0017・h-1 for ammonium-N and 0.0002・h-1 for nitrate-N, which showed that the former is taken up 8 times faster than the latter. Therefore, it was suggested that ammonium-N is a suitable fertilizer as nitrogen source in the Nori cultural area. The desirable long-term effect of fertilization on P. yezoensis is also discussed.
掲載誌名
生物生産学研究
31巻
2号
開始ページ
155
終了ページ
159
出版年月日
1992-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧