このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39216
本文ファイル
別タイトル
An Empirical Reexamination of Adjusting Subsidies in Long-Term Care Insurance Premiums for Primary Insured Persons <Article>
著者
キーワード
第1号被保険者の介護保険料
調整交付金
Long-term care insurance premiums for primary insured persons
Adjusting Subsidies
NDC
社会
抄録
第1号被保険者の年齢階級別分布や所得分布の格差によって、第1号被保険者の介護保険料は地域間で格差が生じる。そのため国庫負担のうちの5%は、市町村の介護保険財政の格差を調整するために交付されている。それが公的介護保険における調整交付金である。本稿は各市町村に交付される普通調整交付金を決める一要素である後期高齢者加入割合補正係数に焦点をあて、調整交付金について再検討を行った。つまり、後期高齢者加入割合補正係数の精緻化が、調整交付金割合に及ぼす影響について定量的に検討した。分析の結果、本稿で提示した算定式のほうが、現行の算定式よりも、各市町村における第1号被保険者の年齢階級別構成割合に応じて、市町村間の介護保険財政を調整できることを確認できた。
抄録(英)
There are regional imbalances in long-term care insurance premiums for primary insured persons because of the difference of the distribution by age group of primary insured persons, and the distribution of income of primary insured persons. Therefore 5% of the public expenditure from the national government shall be appropriated for the adjustment of gaps of municipalities' finance of long-term care insurance. That expenditure is Adjusting Subsidies. This paper reexamines the effect of Adjusting Subsidies. This study focuses on the mechanism which the regular adjusting subsidies for each municipality is calculated through, and analyzes the participation ratio correction coefficient for the latter-stage elderly to adjust the gaps of the proportion of later elderly persons' participation. The results suggest that the proposed mechanism is adjusted the finances of long-term care insurance in accordance with the distribution by age group of primary insured persons better than the present mechanism.
掲載誌名
地域経済研究
26号
開始ページ
17
終了ページ
27
出版年月日
2015-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧