このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43703
本文ファイル
別タイトル
Insight into the migratory history using otolith Sr : Ca ratio of the anadromous masu salmon Oncorhynchus masou masou from the Tonegawa River
著者
津行 篤士
反町 工健
新井 肇
海野 徹也 大学院生物圏科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
大型ヤマメ
回遊履歴
サクラマス
耳石Sr:Ca比
利根川
Anadromous
Migratory history
Oncorhynchus masou masou
Sr/Ca ratios
Tonegawa River
NDC
動物学
抄録
利根川上流域で採集した大型ヤマメ8個体の回遊性を耳石Sr:Ca比分析を用い検証した。その結果,3個体が降海型,5個体が非回遊型と推定された。最も上流で釣獲された検体(降海型)は,4つの堰を通過し,利根川河口から243km遡上していた。利根川には降海型サクラマスと非回遊型の大型ヤマメが生息しており,環境に応じて柔軟に回遊パターンを変化させている可能性が示唆された。
抄録(英)
The migratory histories of Oncorhynchus masou masou in the Tonegawa River were evaluated from the ontogenetic changes in otolith Sr:Ca ratios. We sampled 8 fish at 180-243 km upstream from the river mouth. Three fish were categorized as anadromous whereas five individual were categorized as nonanadromous life mode with the constantly low Sr:Ca ratios. Intraspecific variation in the migration modes recorded for O. masou masou suggest a plasticity strategy for anadromous behaviors.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
55巻
開始ページ
1
終了ページ
6
出版年月日
2016-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧