このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46858
本文ファイル
別タイトル
A Study of the Syntactic Structure in Old Japanese: Kakari musubi Construction at Man'yôshû
著者
上野 貴史 大学院文学研究科 広大研究者総覧
キーワード
係助詞
カートグラフィー
活格言語
分裂文
名詞化節
kakari particle
cartography
active language
cleft sentence
nominalized clause
NDC
日本語
抄録(英)
This paper aims to define the typical syntactic structure of Old Japanese at Man'yôshû. In Old Japanese, two types of alignment exist: the accusative alignment and the active alignment. While the accusative alignment appears in independent clauses which end in the conclusive form (syusi-kei), the active one accompanies subordinate clauses which close in the adnominal form (rentai-kei). I point out that these alignments have a different Case-marking. Furthermore, by focusing on the cartography of syntactic structures in kakari particles, I analyze kakari musubi as a cleft sentence.
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
78巻
開始ページ
75
終了ページ
106
出版年月日
2018-12-25
出版者
広島大学大学院文学研究科
ISSN
1347-7013
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧