このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44928
本文ファイル
著者
竹本 菜緒子
西村 将人
NDC
教育
抄録
マット運動の技ができるようになるためには,技の各局面でのポイントや技術を理解し,身体を操作することが必要になってくる。しかし,マット運動の限られた時間の中だけでは,ポイントや技術の理解はできても,身体操作ができるようにすることは難しい。
そこで今回は,これまで以上に体つくり運動とマット運動の関連を図り,運動感覚能力を育み,感覚作りの運動から運動感覚を獲得することを重視し,その中で身体操作ができるよう授業を展開した。その結果,技のポイントの理解が深まり技能が向上するだけでなく,各局面での身体の使い方についても具体的な部位や筋肉を意識しながら運動ができるようになった。また,技のポイントや身体の使い方などの理解が深まることで,補助や助言しあう場面も多くみられるようになった。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
53巻
開始ページ
149
終了ページ
160
出版年月日
2013-03-19
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧