このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37558
本文ファイル
別タイトル
A study on the optimization of teaching materials for art appreciation
著者
NDC
教育
抄録
学校教育の限られた授業時数にあって,改めて鑑賞教材を精査し直すことは重要な教育課題である。しかし,これまで美術鑑賞教材の適正化に関する研究はほとんどなされていない。9年間の発達段階に応じた適正な鑑賞教材とは何かを探るため,この調査を行った。方法としては,児童・生徒に異なる3つのタイプの絵を見せ,一定時間内にできるだけ多くの気づきを書かせ,それを基準に基づいて分析するというものである。書き出された気づきを量と質の両面から分析した結果,各発達段階において児童・生徒はどのような認知の傾向を示すのか,またどのようなタイプの絵が適正な鑑賞教材となり得るのか,ある程度の知見を得ることができた。
抄録(英)
An important subject in the study of education is which teaching materials should be used to facilitate art appreciation during the limited time available in school. Few studies have focused, however, on the optimization of teaching materials for art appreciation. For this reason, we undertook a study to find out what kinds of teaching materials are appropriate for each of the nine developmental stages in education. In the study, we showed three different kinds of pictures to students and collated the feedback that they provided, analyzing the information from both qualitative and quantitative perspectives. The results provided us with insights into the cognitive tendencies of students in relation to art materials at each developmental stage as well as the kinds of teaching materials that are appropriate for art appreciation in school.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
199
終了ページ
206
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧