このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40488
本文ファイル
別タイトル
Speaking Practices Designed to Improve Presentation Skills and Their Effect on High School Students’ Oral Performance
著者
田中 秀太郎
福澤 健
NDC
教育
抄録
この研究は,口頭発表活動に必要な技術を身につける実践を通じて,発話力の伸びを検証することを目的とした実証的研究である。高校1年生の実験クラスを対象に,物語の紹介を目的とする,パターン化された構成で行うプレゼンテーション形式の活動を一定期間行い,ポストテストにおける発話を統制クラスと比較した結果,流暢さの面で向上が見られた。実験クラスの経験した発表活動では,パターン化された情報構造で発話内容を考えるため,活動時の発話過程において,概念化の段階で受ける認知的負荷が軽減され,言語化に向ける認知資源を増やすことができ,流暢さが高まったと考えられる。
抄録(英)
The present study takes an empirical approach to assessing the effect of speaking practice designed to improve presentation skills. First-year high-school students repeatedly engaged in book-talk activities for a certain period of time. During the activities, they were given a speaking format to facilitate their performance. At the end of the instruction period, students’ speaking fluency was measured, analyzed, and compared with that of a control group. The comparative analysis demonstrates that the students’ fluency improves substantially when they are provided with a speaking format. The result supports the hypothesis that this format helps to lessen the students’ cognitive load at the initial conceptualization stage and instead helps to save cognitive resources for successive stages of speech production, which consequently enhances the students’ speaking performance.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
44号
開始ページ
269
終了ページ
275
出版年月日
2016-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧