このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39889
本文ファイル
別タイトル
RAPD分析に基くイワナ2亜種,ゴギとニッコウイワナの地理的分布境界の推定
著者
Inoue, Takanori
Imabayashi, Hiromichi
キーワード
distribution
Gogi
Nikkoiwana
RAPD
Salvelinus
分布
ゴギ
ニッコウイワナ
RAPD
イワナ属
NDC
動物学
抄録
RAPD分析に基づき,日本海流入河川のイワナ2亜種,ゴギとニッコウイワナに特異的な遺伝子型の分布を調べることにより,両者の分布境界を推定した。計16断片が増幅され,1個体から7-14バンドが検出されたが,ゴギあるいはニッコウイワナにのみ特異的なバンドは見られなかった。ゴギ,ニッコウイワナ各々9,15のハプロタイプが見られ,これらのうち,2タイプのみが両亜種共通であった。両者が混棲する可能性がある中間域では24ハプロタイプが見られ,これらのうち,5,9タイプがそれぞれゴギ,ニッコウイワナ特異的であった。ゴギ特異的タイプは鳥取県勝田川が東限,ニッコウイワナ特異的タイプは鳥取県日野川が西限であった。日野川水系では17ハプロタイプが見られ,それらのうち,3,7タイプがそれぞれゴギ,ニッコウイワナ特異的であった。クラドグラムではゴギあるいはニッコウイワナ特異的タイプのみからなる大きなクレードは形成されなかった。これらは,ゴギは東方へ,ニッコウイワナは西方へ分布を広げ,その際に大山山塊が両者にとって分布拡大の障壁となったことを示唆する。
抄録(英)
We estimated the distribution limits of the 2 subspecies of the white-spotted charr, Salvelinus leucomaenis (‘Iwana’), S. l. pluvius (‘Nikkoiwana’) and S. l. imbrius (‘Gogi’) by examining the distribution of specific genetic types to Nikkoiwana or Gogi in the rivers flowing into the Sea of Japan on the basis of Random Amplified Polymorphic DNA (RAPD). A total of 16 DNA fragments was amplified. Seven to 14 bands were detected from an individual. There were no common bands only to the Nikkoiwana or Gogi. Fifteen and 9 haplotypes were recorded for the Nikkoiwana and Gogi, respectively. Among these, only 2 haplotypes were common to both subspecies. In the intermediate region where both the species were possible to be distributed, 24 haplotypes were detected, among which 9 and 5 types were Nikkoiwana- and Gogi-specific, respectively. Nikkoiwana-specific types were distributed in westernmost to the Hino River, Tottori Prefecture, whereas Gogi-specific types were distributed in easternmost to the Katsuta River, Tottori Prefecture. For the Hino River Basin, 17 haplotypes were detected, among which 7 and 3 types were Nikkoiwana- and Gogi-specific, respectively. In a cladogram, there were no large clades comprising only Nikkoiwana- or Gogi-specific haplotypes. These results suggest westward and eastward range expansions for the Nikkoiwana and Gogi, respectively, and the existence of Mt. Daisen Mountain Mass as a barrier to expansion of both subspecies.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
50巻
開始ページ
15
終了ページ
23
出版年月日
2011-12-24
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧