このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35434
本文ファイル
別タイトル
First record on the occurrence and spawning of Shokihaze goby, Tridentiger barbatus (family: Gobiidae), based on a specimen from Yamaguchi Bay in western Seto Inland Sea, Japan
著者
重田 利拓
キーワード
産卵
ショウキハゼ
ハゼ科
干潟
山口湾
Tridentiger barbatus
Gobiidae
Shokihaze goby
spawning
tidal flat
Yamaguchi Bay
NDC
動物学
抄録
2012年6月に瀬戸内海西部の山口湾で,ハゼ科の準絶滅危惧種であるショウキハゼTridentiger barbatus 1 標本が採集された。全長110.1mm,体長89.4mm,雌の成魚で,卵巣は発達し,GSI は1.59%であった。細胞・組織学的検討より,最も発達した正常な卵母細胞は第二次卵黄球期で,新しい排卵後濾胞細胞を多数認めたことより,産卵期における複数回の産卵が示唆された。今回,標本に基づき山口湾における生息と産卵を初記載した。
抄録(英)
A specimen of Shokihaze goby, Tridentiger barbatus, was collected from Yamaguchi Bay, western Seto Inland Sea, Japan in June 2012. This species has been evaluated as a near threatened species in Japan. This specimen was an adult female of 110.1mm TL and 89.4mm SL. The gonadosomatic index was 1.59%. Histologically the most developed stage of normal oocytes was the secondary yolk globule stage. The specimen had a lot of new postovulatory follicles in the ovarian lamella and a few ovulated ripe oocytes remained in the ovarian cavity. Therefore, these results indicate that spawning has occurred and this species is a multiple spawner. This is the first report of the occurrence and spawning of T. barbatus, based on a specimens from Yamaguchi Bay.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
52巻
開始ページ
35
終了ページ
43
出版年月日
2013-12-25
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
SelfDOI
NAID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧