このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24731
本文ファイル
Thumnail 59-0050.pdf 394 KB
別タイトル
Method of Measurement for Energy Content of Marine Sediment
著者
河村 芳文
今林 博道
キーワード
エネルギー
海底泥
熱量計
calorimeter
energy
marine sediment
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録
海底泥の含有エネルギー量を熱量計によって測定するために、最適な試料重量、有効燃焼時間および燃焼回数を検討した。試料として、広島湾中央部において採取した海底泥(含泥率95%、強熱減量12.8%)を使用した。本研究で用いた微量熱量計(測定筒内水量550g)では、最適な試料重量は0.04g~0.2g dryであり、また、燃焼時間は7分間を要した。無機鉱物を多く含む海底泥は、3回の繰り返し燃焼によって、完全にエネルギーを放出させることができた。
抄録(英)
Energy content of marine sediment was measured by a bomb calorimeter. The optimal sample weight, the optimal combustion time and the optimal number of time for combustion were investigated. The mud samples (mud content 95%, ignition loss 12.8%) were collected in the center of Hiroshima Bay. Bomb calorimeters had the optimum range of 0.04g to 0.2g in sample weight and only unreliable values were obtained out of this range. A complete combustion of marine sediment sample took 7 minutes. Energy was completely radiated from a sediment sample, containing much minerals, by repeated combustion.
掲載誌名
生物生産学研究
37巻
開始ページ
11
終了ページ
16
出版年月日
1998-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧