このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44978
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
議論の進む次期学習指導要領の主体的・対話的で深い学びは,現行学習指導要領の言語活動の考えを継承発展させたものである。いずれも生徒の能動的,協同的学習活動を重視している。これからの社会で活躍するために必要な資質・能力を身につけるには,能動的,協同的学習活動を通じた学びが必要になるからである。授業実践に求められるのは,そのような学習活動を充実させる具体的手立てである。この具体的手立てとして思考ツールに注目している。本稿では,思考ツールを活用した授業実践と,その実践を考察することで明らかになった成果と今後の課題について論じる。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
57巻
開始ページ
162
終了ページ
167
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧