このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33059
本文ファイル
別タイトル
The influence of perceived distinctiveness in romantic relationships on the cooperative and uncooperative orientations of lovers
著者
浦 光博
キーワード
特別観
親密な関係
協調的・非協調的志向性
排他性
perceived distinctiveness
romantic relationship
cooperative/uncooperative orientations
exclusivity
NDC
心理学
抄録
本研究では,親密な関係における特別観が関係の相手に対する行動にどのような影響を及ぼすのかを検討した。大学生474名を対象とする調査研究を行った。親密な関係での特別観は関係内での協調的な志向性を高め,他方非協調的な志向性を抑制することが示された。さらに,特別観が協調的・非協調的志向性に及ぼす影響は,相互依存諸変数(代替肢の質,満足度,投資量,コミットメント)が志向性に及ぼす影響と独立したものであることも示された。これらの結果より,親密な関係に対して強い特別観をもつ者は非協調的な行動がとれないことが示唆された。親密な関係における特別観がその当事者に不適応を生じさせる可能性について議論した。
抄録(英)
In this study, we examined whether the perceived distinctiveness in romantic relationships affects how romantic partners act toward their partners. Four-hundred and seventy-four undergraduates participated in a questionnaire survey. It was found that the level of perceived distinctiveness bolsters cooperativeness, while inhibiting uncooperativeness amongst partners. Furthermore, the influence process of perceived distinctiveness on these orientations was found to be independent of interdependence variables (comparisons for alternatives, satisfaction, investment, and commitment; see Rusbult, 1983). These results suggest romantic partners who perceive their relationship as possessing greater distinctiveness may find it difficult to undertake uncooperative actions. We discussed the possibility that perceived distinctiveness of romantic relationships could result in maladaptation between the partners.
掲載誌名
実験社会心理学研究
49巻
1号
開始ページ
1
終了ページ
16
出版年月日
2009-08-25
出版者
日本グループ・ダイナミックス学会
ISSN
0387-7973
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2009 日本グループ・ダイナミックス学会
関連情報URL
部局名
総合科学研究科