このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20832
本文ファイル
Thumnail 10355030.pdf 14.4 MB
著者
黒木 英憲
深谷 保博
NDC
金属工学・鉱山工学
抄録
本研究は大きく2部に分かれている. まず第1部では,高速遠心成形法(High-Speed Centrifugal Compaction Process,以下HCPとする)の成形機構および欠陥除去機構を明らかにすることで, HCPアルミナの高強度要因を解明することを目的として,以下の研究を行った. まず, HCP法の成形機構を解明するために原料粉末,成形回転数および成形時間を変化させてHCPを行い,それらの条件が成形途中の据奨挙動,沈降体の形成挙動におよぼす影響を調査した. 次にHCPアルミナの高強度要因を明らかにするために,HCP成形体と加圧鋳込み成形体の粒子充填率に着目して両者を比較し,成形法による粒子充填状況の違いについて検討した. さらに,成形法による欠陥除去機能の違いを調査するために,新しい組織観察方法として浸液透光法を使用して,泥漿中に気泡を導入した泥漿によって作製したHCP成形体および加圧鋳込み成形体内部に存在する欠陥観察を行った. そして, HCPの成形条件と欠陥除去機能の関係を明らかにするために,気泡モデルとしてスチロール球を導入し,流動性を劣化させた泥漿を使用して高速遠心成形を行い,モデル球の挙動について定量的な検討を行った. 次に第2部として, HCPを利用した均質で低欠陥な高品質超硬合金の作製を試みた. まず微粒WC粉末を使用して,粉砕条件および泥漿の分散方法を検討し,高密度で均質な成形体が得られる泥漿調製条件を見出した. 次に, HCPにより成形体を作製し,その後成形体中へ焼結助剤を添加する方法を検討した. さらに,様々な条件で焼結を行い焼結性を検討すると共に,その機械的特性を評価した. 本研究より明らかになったことを以下に要約する. (1)HCPにおける成形途中の泥漿は,原料粉末初期濃度,成形条件
内容記述
研究期間:平成10-12年度 ; 研究種目: 基盤研究A2 ; 課題番号:10355030
作成年月日
2001-03
言語
日本語
NII資源タイプ
研究報告書
広大資料タイプ
科研費報告書
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
部局名
工学研究科
教育学研究科