このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37567
本文ファイル
別タイトル
A study on the development of learning tasks and assessment criteria to improve students’ scientific views in elementary and junior high school science : Focusing on the topic “earthquake disaster”
著者
NDC
教育
抄録
本研究では,小中学校理科において,科学的な見方や考え方を育成するための学習課題とその評価の開発を目的とした。この目的を達成するために,小学校第6学年と中学校第1学年に共通する学習内容である地震災害に注目し,学習課題とその評価基準を作成した。そして,広島大学附属三原小学校第6学年と同中学校第1学年を対象に授業実践を行い,質問紙と評価テストの分析により学習課題を用いることについて効果の検証を行った。  

その結果,小学6年生の地震災害に対する科学的な見方や考え方の育成には効果が見られなかったものの,中学1年生については効果が見られた。科学的な見方や考え方を育成するには,学習内容を定着させる指導方法と対象とする子どもの記述を分析した評価基準の開発が必要である。
抄録(英)
This study aimed to develop learning tasks and assessment criteria to improve students’ scientific views in elementary and junior high school science. To achieve this, we created learning tasks and assessment criteria that focused on the topic of an “earthquake disaster,” which is standard learning content in sixth-grade elementary science and in the first grade of junior high school science. Classes were given on the topic using these new learning tasks and assessment criteria, and the effects were verified by analyzing the results of questionnaires and assessment tests. The results indicated that the classes were an effective means for improving students’ scientific views in the first grade of junior high school, but not in the sixth grade of elementary school. Therefore, this study suggests that it is necessary to develop teaching methods based on the analysis of students’ knowledge to confirm their understanding of learning content and assessment criteria.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
273
終了ページ
282
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧