このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42610
本文ファイル
別タイトル
TOEICスピーキングテストと少人数クラスとの統合
著者
Uenishi, Koji 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Sakaue, Tatsuya 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Lauer, Joe 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Davies, Walter 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Fraser, Simon 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Howell, Peter 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Selwood, Jaime 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Song, Katherine 外国語教育研究センター
Morita, Mitsuhiro 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
Kida, Shusaku 外国語教育研究センター 広大研究者総覧
NDC
教育
抄録
この論文は,大学1年生の英語スピーキング力及びライティング力向上に向けた新しいプログラムの組織や評価等について述べたものである。そのプログラムは,英語コミュニケーションのための広大プログラム(通称HiSPEC)と呼ばれ,優れた英語コミュニケーション能力を有する日本のリーダーを創生する,「スーパー・グローバル大学」の一環である。ここでは,HiSPECの前半,つまりスピーキング力を中心とした内容とTOEICスピーキングテストに焦点を当てている。

入学試験時で各学部の最も英語力の高い学生約15人を1クラスに充当した。これら非英語専攻の学生は,前期セメスターに週1回外国人講師の指導を受けた。TOEICスピーキングテストは,前期始め近くとその10週間後に受けている。

その結果,学生のTOEICスピーキングテストにおける英語力は,全体的に2つのテスト間では向上していたが,統計上の有意差はなかった。アンケートを見てみると,授業は楽しく,そのおかげで英会話力を向上しようという動機づけになった,と学生は強く述べている。また外国人講師は,テスト結果では意義深いほどの向上は見られなかったが,少人数クラスは学生の英語スピーキング力とその動機づけに良い効果をもたらしたと報告している。しかし,TOEICスピーキングテストを使用する妥当性に疑問を投げかけ,十分なスピーキング力の向上を見るには指導期間が短いという懸念を示す講師もいた。
抄録(英)
This article describes the organization, set-up, and evaluation of an exciting new program which is attempting to help first-year university students improve their English speaking and writing skills. Known as Hiroshima University’s Program for English Communication (HiSPEC), the program is part of the “Super Global University” initiative, which attempts to create Japanese leaders who have excellent English communication abilities. Here, we focus on the first half of HiSPEC, which is oriented towards speaking skills and the TOEIC® Speaking test.

Students with the highest English entrance exam scores from some faculties were identified and grouped into “small classes,” with about 15 students in each. Those non-English majors received instruction from native English-speaking instructors for 90 minutes one day per week during a semester, and took the TOEIC Speaking Test near the beginning of the semester and about 10 weeks later.

Results showed that the students’ TOEIC Speaking Test scores generally improved, but the improvements were not statistically significant. In questionnaires, students overwhelmingly stated that they enjoyed the courses and, thanks to the program, they had become even more motivated to improve their English conversation skills in the future. The instructors, meanwhile, reported that even though the test scores did not significantly improve, the small class sizes had positive effects on students’ English speaking abilities and motivations. Yet, some teachers questioned the validity of using the TOEIC Speaking Test to motivate students, and also expressed concern that there was not enough instruction time between the two test administrations for significant improvement to be expected. The implications are described here.
掲載誌名
広島外国語教育研究
20号
開始ページ
1
終了ページ
15
出版年月日
2017-03-01
出版者
広島大学外国語教育研究センター
ISSN
1347-0892
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学外国語教育研究センター
部局名
外国語教育研究センター
他の一覧