このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44823
本文ファイル
別タイトル
Are School Dental Examination Findings Useful to Screen for Early Detection of Child Abuse?
著者
海原 康孝 病院(歯)
笹原 妃佐子 大学院医歯薬保健学研究科(歯) 広大研究者総覧
新里 法子 大学院医歯薬保健学研究科(歯) 広大研究者総覧
山崎 健次
香西 克之 大学院医歯薬保健学研究科(歯) 広大研究者総覧
キーワード
学校歯科健康診断
児童虐待
スクリーニング
鯖蝕罹患状況
歯肉状態
School dental examination
Child abuse
Dental caries prevalence
Gingivitis
Screening
NDC
医学
抄録
現在,小学校には児童虐待の早期発見努力義務が課され,関係機関と連携し虐待防止に取組むことが求められている。また,歯科医療関係者の児童虐待防止への関与が期待されている。
そこで,学校歯科健康診断の結果が児童虐待の早期発見のためのスクリーニング指標となりうるかどうかについて検討し,以下の結論を得た。
1. 学校歯科健康診断を受けた小学生総計3,569名(男児1,843名,女児1,726名)のうち,虐待を受けた児童(「虐待あり」群)は89名(男児43名,女児46名)であった。
2. 「虐待なし」群および「虐待あり」群のそれぞれ約90%が,乳歯の未処置歯数が2本以下であった。
3. 「虐待なし」群の95.00%, 「虐待あり」群の93.26%が,永久歯の未処置歯数が0本であった。
4. 「虐待なし」群の84.94%, 「虐待あり」群の87.64%が,歯垢状態のスコアが0であった。
5. 「虐待なし」群の87.04%, 「虐待あり」群の91.01%が,歯肉状態のスコアが0であった。
以上より,「虐待あり」群と「虐待なし」群との間で口腔内の状態に違いが認められないことから,学校歯科健康診断の結果だけで児童虐待のスクリーニング指標とすることは困難であることが示唆された。したがって,歯科医療関係者が児童虐待の早期発見・防止に貢献するためには,診療室での診察のようにある程度時間をかけて児童の口腔内や言動,保護者の様子などを観察できる状況が必要であると考えられた。
抄録(英)
Elementary schools in Japan are committed to early discovery of child abuse and required to cooperate with other institutions such as dental services to prevent such abuse. However, the extent to which dental practitioners cooperate with schools remains limited. In the present study, we investigated the use of school dental examination data for early discovery of child abuse.
I) We examined the records of a total of 3569 elementary school students who underwent dental health examinations, of whom 89 were found to have been abused ( abuse group).
2) Approximately 90% of all children had 2 or less deciduous teeth with untreated cavities.
3) A total of 95% of the children in the non-abuse group and 93.26% of those in the abuse group had no untreated cavities in permanent teeth.
4) A plaque score of zero was noted in 87.64% of the abuse group and 84.94% of the non-abuse group.
5) As for gingival inflammation score, that was zero in 87.04% of children in the non-abuse group and 91.01 % of those in the abuse group.
No differences were found between abused and non-abused children in terms of the condition of their oral cavity. Our findings suggest that data collected from school dental health examinations are not useful to screen for possible child abuse. An environment in which dental practitioners spend time not only observing the oral cavity, but also the behavior of children and attitudes of their guardians is needed for early discovery and prevention of child abuse.
掲載誌名
小児歯科学雑誌
55巻
4号
開始ページ
435
終了ページ
441
出版年月日
2017
出版者
日本小児歯科学会
ISSN
0583-1199
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 Authors, 日本小児歯科学会
部局名
病院
医歯薬保健学研究科