このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37563
本文ファイル
別タイトル
The development of a class that allows students to “understand” and “perform” exercises while allowing them to “utilize” the lessons learned : The creation of a systematic table for improving time and spatial cognition
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,「ネット型」ボールゲームで獲得される能力の系統を開発するとともに,授業実践を通して確認することであった。小学校3年生の実践では,ボールの飛来時間を遅くしたワンバウンドでのボールの扱いとゲーム記録を利用した思考により,相対的な有効空間を認識させることができた。小学校6年生の実践では,ブロックを起点とした作戦の立案によって組織的な動きを意識した戦術を引き出すことができた。中学校の実践では,連係プレーを役割を意識したパターン練習によって習得させた。今後の検討課題として,競技種目を教材とした運動学習へと移行する6年生と7年生のつなぎ方について系統を見直す必要がある。
抄録(英)
This research aims to develop a system for promoting the capabilities that can be acquired by playing netball games and to confirm the efficiency of the system through analyzing its practice in class. First, elementary school third grade students were asked to handle a one-hopper ball for a set duration and then to record their arrival times. Through this activity, the students were made to recognize the relative nature of effective space. Second, elementary school sixth grade students were asked to devise a game plan based on blocking strategies that considered systematic moves. Third, middle high school students were given a patterned exercise that necessitated playing closely as a team, with the aim of fostering teamwork. Future research into this system that uses athletic events as teaching tools needs to be undertaken to make the system applicable to sixth and seventh grade students.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
239
終了ページ
246
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧