このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26017
本文ファイル
別タイトル
Technical aspect of new active fault mapping with a scale of 1:25,000 by geographic information system
著者
隈元 崇
活断層マップワーキンググループ
キーワード
活断層分布図
新規写真判読
地理情報データベース
active fault of Japan
new mapping
scale of 1:25,000
GIS digital database
NDC
地球科学・地学・地質学
抄録(英)
Following high demand on detailed information for active faults in Japan after the 1995 Hyogokennambu earthquake, we compiled completely new active faults map of Japan with a scale of 1:25,000 based on precise airphoto interpretation. We also digitized location of active fault traces and their parameters such as displacement, fault reference etc. to GIS data set. This digital fault map differs much in accuracy from "Active fault in Japan: Sheet map (1:200,000) and inventories" and may provide useful information to geoscientists and engineers for their purposes.
掲載誌名
活断層研究
19号
開始ページ
13
終了ページ
22
出版年月日
2000-3
出版者
活断層研究会
ISSN
0918-1024
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
関連情報URL
部局名
文学研究科