このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28536
本文ファイル
別タイトル
Longitudinal study on quality of life and on anxiety factors in living donors before and after adult-to-adult liver transplantation
著者
横田 加奈子
天野 尋暢
板本 敏行
キーワード
生体肝移植ドナー
生活の質
不安尺度
living liver donor
quality of life: QOL
parameter of anxiety
NDC
医学
抄録
生体肝移植ドナー10例の術前から術後3ヶ月までの身体回復過程を縦断的に観察し, 更にQOL調査票および不安尺度を用いて身体面および心理面での経時的変化を分析し, 以下の結論を得た.

1. ドナーの臨床的所見・データは術後1ヶ月目でほぼ術前まで回復したが, 身体的QOLは3ヶ月経っても十分には回復せず, 日常生活や活動が制限されていた. そのため, 術前から術後の生活をイメージできるような情報提供やカウンセリングが必要と思われた.

2. ドナーは本来健康なため順調に回復する場合が多いが, 術後疼痛は3ヶ月経っても存在し, 疼痛によって心身両面に影響を受けていた. そのため, 適切な疼痛コントロールおよび, より侵襲の少ない手術手技の工夫などが今後の課題としてあげられた.

3. ドナーは術前後を通して, 自分のこと以上にレシピエントに関する事柄に対して多くの不安を感じていた. したがって, 医療者は適時レシピエントに関する情報提供を行い, ドナーの不安軽減に努めることが大切と思われた.
抄録(英)
We observed the recovery process in 10 living donors for liver transplantation up to 3 months after the operation, and we also analyzed physical and mental changes in the donors using questionnaires on quality of life (QOL) and anxiety tests. The following results were obtained.

1. The clinical status of the donors had almost recovered to the preoperative level at one month after the operation, but physical QOL had not recovered to the preoperative QOL level even at 3 months after the operation. The donors still had limitations in their daily lives and activities at 3 months postoperatively. These findings indicate the need for information on postoperative life and counseling to prepare for postoperative life to be provided to donors before the operation.

2. Living donors for liver transplantation are in good general health and therefore usually recover smoothly after the operation. However, it was found the donors experienced pain even 3 months after the operation and that the pain affected both their physical and mental conditions. Therefore, consideration must be given to appropriate pain control and to establishing less-invasive surgical procedures.

3. The donors felt more anxiety for the recipients than for themselves before and after the operation. Therefore, medical staff should make efforts to provide information about the recipient to the donor and reduce the donor's level of anxiety.
掲載誌名
広島大学保健学ジャーナル
7巻
1号
開始ページ
30
終了ページ
39
出版年月日
2007-12-15
出版者
広島大学保健学出版会
ISSN
1347-7323
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
保健学研究科
他の一覧