このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44653
本文ファイル
別タイトル
マサバはイワシノコバンの新宿主
著者
Nagasawa, Kazuya 大学院生物圏科学研究科
Nakao, Hiroki
キーワード
Cymothoidae
fish parasite
Isopoda
Nerocila phaiopleura
new host record
Scomber japonicus
イワシノコバン
ウオノエ類
魚類寄生虫
新宿主
等脚類
マサバ
NDC
動物学
抄録
大分県佐賀関沖の豊予海峡で漁獲されたマサバの尾柄部に等脚類ウオノエ科のイワシノコバンNerocila phaiopleura Bleeker, 1857の寄生を認めた。マサバはイワシノコバンの新宿主である。本報告は,瀬戸内海と周辺水域からのイワシノコバンの第4記録となる。
抄録(英)
An ovigerous female of Nerocila phaiopleura Bleeker, 1857 was collected from the caudal peduncle of a chub mackerel, Scomber japonicus Houttuyn, 1782 (Perciformes: Scombridae), at the Hōyo Strait located between the western Seto Inland Sea and the Bungo Channell in western Japan. This represents a new host record for N. phaioplueura and its fourth record from the Seto Inland Sea and adjacent region.
掲載誌名
生物圏科学 : 広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
56巻
開始ページ
7
終了ページ
11
出版年月日
2017-12-15
出版者
広島大学大学院生物圏科学研究科
ISSN
1348-1371
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧