このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40479
本文ファイル
別タイトル
Development of exchange activity with the student studying abroad to bring global human resources up : “Independence and positivism” please focus on “challenge spirit”
著者
森田 水加穂
米倉 智久
NDC
教育
抄録
本研究は,幼稚園におけるグローバル人材の育成をめざした留学生交流活動を開発することを目的とする。特に,グローバル人材の育成に必要である「主体性・積極性」「チャレンジ精神」に焦点をあてることとする。

開発した交流活動における成果となる子どもの姿は次の通りである。①『日本語が通じない留学生と出会う(主体性・積極性)』場面では,子どもたちと留学生との間で徐々に自然な形でのやりとりが見られた。②『留学生が困った表情をしている(チャレンジ精神)』場面では,子ども自ら留学生にとってよい方法を考え,考えた方法で粘り強くかかわっていた。③『言葉の違いから留学生に自分の思いや考えが伝わらない(チャレンジ精神)』では,自分たちが伝えたいことを身振り手振り,絵や図鑑を用いて伝えようとする姿が見られた。④『留学生から「日本の子どもたちの歌や遊びが知りたい」という話がくる(主体性・積極性,チャレンジ精神)』では,子どもたちが留学生のことを思い,初めてでもすぐに覚えられるものを考えて選ぼうとする姿が見られた。また,日本の歌の踊りをわかってもらえるように見本を見せたり,体に触れたりしながら丁寧に教える姿が見られた。
抄録(英)
Exchange activity with the student studying abroad to bring global human resources up at a kindergarten by this research is being developed. I focus on independence, positivism and challenge spirit required by upbringing of global human resources.

The outcome of a study is as follows. (1) I meet the student studying abroad who can’t speak Japanese. (Independence and positivism) Children were talking with a student studying abroad naturally. (2) A student studying abroad is in trouble. (Challenge spirit) A child is thinking for a student studying abroad and is behaving. (3) Talk isn’t transmitted to a student studying abroad because a word is different. (Challenge spirit) Children moved and it was being explained by a picture and an illustration book. (4) A student studying abroad is saying that he’d like to know Japanese play. (Independence and positivism, Challenge spirit) Easy play was chosen. A sample was being shown and it was being told politely.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
44号
開始ページ
185
終了ページ
192
出版年月日
2016-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧