このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40486
本文ファイル
別タイトル
Practice for the Development of 21st-Century Academic Achievement by Subject between Cooperation in Junior High School : Through the Global Educational Exchange by Means of English and Art
著者
木坂 香織
NDC
教育
抄録
本研究は中学校の英語科・美術科の教科担任がグローバル教育の意識を持って,単元・題材を接続させ,連続性のある指導をすることにより,生徒に習得した知識・技能を地域社会へ向けた実践に活用させ,21世紀型学力へ通じる通教科的な実践力の育成の在り方を明らかにすることを目的とする。広島大学附属三原中学校の1,2年生を対象に授業実践を行い,外部評価者としてアメリカのアートリンク担当者やショートステイ家族に協力を依頼した。結果としては,生徒たちは美術作品を描いたり,鑑賞したりすることによって,気づいたよさや美しさを外国の方に伝える方法を考えて実践している様子が見られた。
抄録(英)
The aim of this study was to improve students’ communication skills. We worked with English teachers and art teachers to develop a curriculum through practice force leading to 21st century academic achievement. We targeted the teaching practice to grades seven and eight in Mihara Junior High School in Japan, and cooperated with both the Art Link in America and short-stay family as external evaluators. As a result, the students could express their impressions to people in foreign countries.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
44号
開始ページ
249
終了ページ
258
出版年月日
2016-03-24
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧