このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37564
本文ファイル
別タイトル
Enhancement of Instruction and Assessment using Metacognition to Foster “Interest, Willingness, and Positive Attitudes toward Art,” with the Aid of the Taxonomy Table
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,「美術への関心・意欲・態度」および美意識の育成のための,小中一貫9年間の図画工作・美術科のタキソノミーテーブルの開発・実践である。経年の実践研究により,情意面の喚起・形成の手立てについて一層工夫する必要があると考え,研究仮説を「メタ認知にかかわる活動を取り入れることで,自分や友だちの感じたことや考えたことを大切にしながら,粘り強く創造的な活動を楽しもうとするために必要な『美術への関心・意欲・態度』を育むことができるであろう。」とした。方法としては,「図画工作・美術科のタキソノミーテーブル(三原版)」を用い,「メタ認知領域」に焦点をあて「美術への関心・意欲・態度」に関する効果的な指導と評価の方法について明らかにする。具体的には,題材の実施前後の質問紙調査,ポートフォリオの内容分析,授業の観察内容の分析,具体的指標による作品の達成度の分析を行った。成果としては,「美術への関心・意欲・態度」の向上に一定の成果を得,有効な手立てを示すことができた。
抄録(英)
This study aims to develop and implement the use of the Taxonomy Table to foster “interest, willingness, and positive attitudes” toward art and aesthetic consciousness in students from elementary to junior high schools. Based on many years of experience, we believe that a device for the arousal and formation of art appreciation needs to be innovated. With this in mind, we established the hypothesis that “interest, willingness, and positive attitudes” toward art, which are necessary for the enjoyment of creative activities and the demonstration of respect for the artistic ideas of oneself and others, can be fostered by introducing metacognitive activities. We focused, therefore, on the metacognitive area of the Taxonomy Table (Mihara version) of Art and attempted to find effective methods of instruction and evaluation. The results show that the instructional methods applied in this study were effective in fostering the students’ interest, willingness, and positive attitudes toward art.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
247
終了ページ
256
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧