このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42900
本文ファイル
別タイトル
Exploratory study of key persons who success the innovation activities in Japanese firms <Notes>
著者
藤井 誠一
中村 友哉 大学院社会科学研究科
キーワード
プロダクト・チャンピオン
イノベーション
日本型組織
国別文化
NDC
経済
抄録
イノベーションの成功に貢献するキーパーソン人材としてのプロダクト・チャンピオン研究において,日本企業を対象とした研究はほとんど進んでこなかった。一方,米国を中心として貢献人材の研究は数多く報告されている。そこで,国別文化におけるプロダクト・チャンピオンの行動戦略を提示しているShane らのフレームワークを用いて,日本企業内に存在するプロダクト・チャンピオンの実際の行動に当てはめ,その特徴を明らかにした。その結果,プロダクト・チャンピオンの行動に影響を及ぼす日本企業の特徴が浮き彫りになった。また,今後の研究課題を示すことができた。
内容記述
本研究は,平成23年度ならびに平成24年度の広島大学マネジメント研究センターのプロジェクト研究,およびJSPS科研費24530514の助成を受けたものである。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
18号
開始ページ
47
終了ページ
63
出版年月日
2017-03-28
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧