このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42635
本文ファイル
別タイトル
Efforts of the Professional Development Program at Hiroshima University Towards Fostering Teachers as Continuous Learners : The Case of the Teaching Practice and Development Course
著者
鈴木 由美子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
米沢 崇 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
中井 悠加 大学院教育学研究科
宮里 智恵 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
木下 博義 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
大後戸 一樹 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
大里 剛 大学院教育学研究科
西本 正頼 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
松浦 武人 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
田中 節子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
髙橋 均 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
宮谷 真人 教育室
キーワード
Teachers as continuous learners
Professional development
Independent and collaborative learning
Graduate school of teacher education
学び続ける教員
力量形成
主体的・協働的な学び
教職大学院
NDC
教育
抄録(英)
In 2016, the Graduate School of Education at Hiroshima University established the Professional Development Program for Teachers and School Leaders which consists two courses: The Teaching Practice and Development Course and the School Management Course. Focusing on the former, this paper examines its achievements and problems in the first year to develop some perspectives of models for graduate education toward fostering teachers as continuous learners. We discuss from the following four points: a collaborative learning between teacher and non-teacher graduate students; an effective way to learn the basic skills; a circulation of theory and practice; a triumvirate and learning environment on the realization of them.
内容記述
本研究は,JSPS科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)「「学び続ける教員」を支えるアクティブ・ラーニング型教員研修プログラムの開発」(JP16H03765)の助成を受けている。
本稿は,平成28年度日本教育大学協会研究集会で発表した内容を加筆・修正したものである。
掲載誌名
学習開発学研究
10号
開始ページ
33
終了ページ
42
出版年月日
2017-03-16
出版者
広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
ISSN
1883-8200
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 広島大学大学院教育学研究科学習開発学講座
部局名
教育学研究科
他の一覧