このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42886
本文ファイル
別タイトル
A Survey on Cooperation among Day Care Centers, Preschools, and Elementary Schools of Special Needs Classroom Teachers in Elementary Schools: Compared with Five Years Old Children Teachers and First Grade Teachers
著者
河口 麻希 大学院教育学研究科
七木田 敦 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
小学校特別支援学級
保幼小連携
special needs classroom in elementary school
cooperation between day care centers, preschools and elementary schools
NDC
教育
抄録
本研究では,X市の保育所・幼稚園の年長担任,小学校の1年担任と特別支援学級担任を対象とした保幼小連携の実態調査を行った。その結果,特別支援学級担任は1年担任よりも保幼小連携の際に活用するツールが必要だと認識していた。さらに,保幼小連携において今後最も必要なことは,「気になる子どもの様子について情報交換する機会」であった。このことから,特別支援学級担任は保護者の願いを含む,個別の情報については詳しい引継ぎが必要だと捉えている。一方で,保幼小連携において現在実施していることについては,3者とも最も高い割合で「就学前に実施される連絡会」が挙げられていた。
抄録(英)
The purpose of this study was to explain cooperation between day care centers teachers, preschools teachers and elementary schools teachers of five years old children teachers, first grade teachers and teachers of special needs classrooms in elementary schools in the X city. In the result, teachers of special needs classrooms in elementary schools recognized the need to use the tool when they cooperate between day care centers and preschools. And, the most important thing about cooperation among day care centers, preschools, and elementary schools was “the opportunity to share information on children with special needs.” From this, they think that transition to elementary schools needs more individualized information including parents’ wishes. On another front, five years old children teachers, first grade teachers, and teachers of special needs classrooms in elementary schools conduct“ conference before school age” at the highest rate.
掲載誌名
特別支援教育実践センター研究紀要
15号
開始ページ
97
終了ページ
103
出版年月日
2017-03-14
出版者
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN
1883-5406
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧