このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23484
本文ファイル
Thumnail 40-1171.pdf 686 KB
別タイトル
市販食品の微生物学的品質とサルモネラ
著者
Venkateswaran, Kasthuri
Kawakami, Hideyuki
Hashimoto, Hideo
NDC
医学
抄録
1年間にわたって小売店から購入した148例の生肉および水産食品について微生物学的な品質測定を行った結果、鶏肉を除いて一般に良好であった。また、鶏肉の半数以上がサルモネラ(4血清型)陽性であった。しかも、同じ店から同じ血清型のサルモネラが繰り返して分離されたことから、2次汚染が推定された。サルモネラと糞便大腸菌、あるいは糞便レンサ球菌の出現との間には関係が無いように見える。しかしながら、サルモネラ陽性例の59%は糞便大腸菌のMPNが10^4/100g以上であった。つぎに、われわれの研究室で分離、保存していた50株のサルモネラ(26血清型)について、6種類(NA、TC、CP、KM、CL、ABP)の抗生物質耐性試験を行った結果、半数以上が耐性を示した。中でもColistin(30μg)耐性を示す血清型のものが、もっとも多かった。S. paratyphi Bは5剤耐性であり、また、食品から分離したサルモネラはすべて多剤耐性を示した。
抄録(英)
Microbiological analysis of 148 various food samples over one year period revealed that the microbial quality of raw meat and seafood samples was generally high except that of chicken. More than half of the chicken samples were found to contain Salmonella with four different serotypes. Repeated isolation of same serotype in same retail shop suggested the existence of secondary contamination. Salmonella and fecal coliforms and or fecal streptococci seem to vary independently. However, fecal coliform counts of the Salmonella positive samples (59%) exceeded 10^4 MPN/100g. Antibiotic resistance of 50 Salmonella isolates revealed the persistence of drug resistance in most of the strains. Salmonella serotypes exhibited resistance to all the antibacterials tested with colistin (30 μg) as most common one. S. paralyphi B was resistant to 5 different antibiotics and all Salmonella serotypes isolated from food samples were found to show multi drug resistance.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
27巻
1号
開始ページ
33
終了ページ
39
出版年月日
1988-07
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧