このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 428
本文ファイル
別タイトル
Aiming for Independent Activities of the Students in Integrated Study Class : Through Contact with the Spirits and Techniques of Takumi (Skilled Craftspersons) at the 10th-grade Level
著者
尾澤 勇
谷口 邦彦
NDC
教育
抄録
本稿は, 今年度第2学期を中心に実施した高等学校第I学年における総合学習「技と匠を訪ねて」に関するものである。2000年度7月∿12月の約10時間で行ったこの取り組みは, 芸術科の5名(工芸・尾澤勇, 書道・谷口邦彦, 音楽・原寛暁, 増井知世子, 美術・森長俊六)が担当した。2003年から高等学校でも実施される総合的な学習は, 生徒の主体的な取り組みが前提として求められている。本実践「技と匠を訪ねて」においても, 学習者の主体的な取り組みを目指して実践した。しかしながら, 必ずしも主体的に学習に取り組めたとは言い難く, 教師の支援のどこに問題があったのか, 実践をもとに考察する。
掲載誌名
研究紀要 /広島大学附属中・高等学校
47号
開始ページ
69
終了ページ
77
出版年月日
2001-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
1344-4441
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧