このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37958
本文ファイル
別タイトル
Teaching practice of appreciation gave a variety of knowledge related to the work II
著者
キーワード
科学的概念
鑑賞
分析
Scientific concept
appreciation
analysis
NDC
教育
抄録
本研究では,鑑賞において,「解釈」,「批評」,「共有」をキーワードとして,作品に関わる情報を与えたとき,生徒の感じ方や表現がどのように変わるかを検証することを自的としている。本稿では検証にあたって,情報の質や与えるタイミングを考え,より豊かな感性を引き出すようにした。その結果、作者の人生などの情報を与える前と後の生徒の鑑賞文を分析したところ,情報を与えた後のほうが,情報をもとに自分なりの解釈をして,根拠をもって想像して書いた生徒が多いことした。作品に関わる情報の質や与えるタイミング,掲示方法についての見解も得られた。
抄録(英)
In this study, in appreciation, "interpretation", "criticism", as the keyword "Shared", when given the information related to the work, for the purpose of verifying whether feel how and expressions of students change how there. Verification When In this paper, we consider the timing of quality and give the information, it was to draw a richer sensibility. As a result, was analyzed appreciation statements student before and after giving information such as the author of life, better after it has given information, based on the information by the interpretation of my own, imagine with a rationale I was that wrote the student often. Quality and give the timing of information related to work, were also obtained opinion about posting methods.
掲載誌名
中学教育 : 研究紀要
46巻
開始ページ
59
終了ページ
63
出版年月日
2015-03-18
出版者
広島大学附属東雲中学校
ISSN
1344-1531
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
教育学研究科
他の一覧