このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 30084
本文ファイル
別タイトル
Recent Trends and Prospects in Art Education
著者
宮本 恭二郎
橋本 泰幸
キーワード
美術科教育学会誌
大学美術教育学会誌
コンピュータ
鑑賞
情報発信
NDC
教育
抄録
本稿は, 美術科教育学会誌と大学美術教育学会誌に掲載された論文をレビューし, 美術教育学研究の動向と課題を探ることを目的とした。ここでは①1983-2000年度の間, 両誌に掲載された929編の論文を対象にしてその傾向を数量的に読みとった。また, ②2001-2003年度に発表された論文を対象にしたレビュー論文を検討して美術教育学研究の動向と課題を明らかにした。その結果, 最近20年弱の期間では, コンピュータや鑑賞, 生涯学習に関する研究が増加しており, これらは今日的な課題であった。また, レビュー論文を検討すると, 実践的研究では美術教育の対象の枠組みの拡大に対応した研究, とりわけ鑑賞関連教育や情報関連教育の研究が多かった。また, 理論的研究では歴史的研究アプローチや歴史研究が多く, 特定の美術教育家や美術教育思想の研究が顕著であった。さらに, 実践と理論の統合, 批評を進めること, 情報発信を一層進めるなどの課題があった。, The present paper explores recent trends and suggests some prospects in research on art education, based on the analysis of the contents of papers published by two academic organizations: The Association of Art Education and the University Association of Art Education. The results revealed that papers dealing with computers, art appreciation, and life-long learning have been increasing within the past 20 years. These issues represent present-day problems in the field.
抄録(英)
In recent issues of the journal of The Association of Art Education there have been many papers addressing the expansion of the aims of art education, especially art appreciation and also the application of IT in art education. In addition, as regards theoretical papers, there are many focusing on historical research approaches and historical studies, as well as papers looking at particular art educators and ideas about art education.

It is expected that in the future, research will be carried out to integrate practice and theory, to activate criticism, and to transmit information in the field of art education.
掲載誌名
日本教科教育学会誌
29巻
3号
開始ページ
87
終了ページ
96
出版年月日
2006-12-01
出版者
日本教科教育学会
ISSN
0288-0334
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2006 日本教科教育学会
部局名
教育学研究科